よかった探し。


あたーらしーいーあさがきたー♪
by colortail
プロフィールを見る
画像一覧

イクオネ

ふとTVをつけると、クリオネのような生物の写真が出ていて
これはなんでしょう?
クリオネじゃないの?

いえ、これはイクオネという別の生物なのです。

という事で、紹介された水中写真家さんが中村征夫さんという方でした。
1年の大半を海で過ごし自称「半魚人」というこの方が
普通15分くらいの撮影の人が多い中、1時間も2時間も潜られて、
どんな海でも潜る。と汚い海でもどこでも潜りそこにいる生物から感動を貰ってらっしゃって。

そんな中村さんが平成7年北海道で潜っている時、クリオネらしきものが交尾しているのを撮影しようと
シャッターを切り、現像に出してびっくり。
クリオネとは明らかに違う特徴が見られたのです。
クリオネに比べつのは小さく、体全体は丸く、中の赤い部分が多い。
専門家の方に見ていただくと、1910年イギリスで発表されたことはあったものの、
それはホルマリン漬けのような、中村さんの写真のものとは全く別の様相でした。
大発見だったようです。
そしてクリオネの名前と中村征夫(いくお)さんの名前から、イクオネと名づけられたそうです。

イクオネは、発見されてからも滅多に見られることはなく、
同伴の方のお話によると"毎日潜っている僕らでも"1ヶ月に見れて2回くらい。だそうで。
そんな貴重な生物をカメラに収めた凄い方がいらっしゃるのだと、驚き胸を打たれました。

私は泳げないので海といえば、
「見る」「走る」「バーベキューをする」「棒倒しをする」場所なのですが(ぇ
それでも沖縄に行った時ドライスーツを着て全員泳げないメンツでシュノーケルをした時の、
あの水中の様子にはぐっと心を掴まれちゃいました。
水中を知らないと人生の半分は損してる、なんて誰が言ったっけ。
そんな事を思いながら、青いヒトデや手に握ったパンに寄ってくる色とりどりの魚を見てうっとり。
他のみんなも、泳げない!海怖い~、って言ってたはずなのに
気づいたら海に惹かれていつまでも水の中を眺めています。
きっと中村さんはその何百倍も沢山の生き物に接して、感動なさってるんだろうなぁ。
そうして写された写真を見て、人は感動を貰うのだと思います。
[PR]
by colortail | 2006-04-07 13:37 | other

お知らせ♪








★2010年★
1 色んな知識を得たい
2 立ち振るまいを綺麗にしたい
3 沢山歩きたい
4 沢山読書したい
5 これと思ったら躊躇せずにやってみたい
6 携帯変えたい


++少数決ゲーム++
【勝者一覧】
1st  kozou_17様
2nd  lunaworks様
   mami-lune様
3rd  kozou_17様
   sabretoothjapan様
___________________
リターンズ
1st  sabretoothjapan様
   panchan1121様
2nd  panchan1121様

自己紹介

皆様からの
おすすめ本


カメラblog

チャット*info

チャット

rss/comments

トイカメラ。
POLGA SUN
demekin








Blues*y

最新のトラックバック

いべんとじょーほー。
from funny 一時 serio..
あるぱか
from 太美吉の楽書
小沢健二が13年ぶりとな..
from 世界が嫉妬する寺へ・・・
チェリー☆パイ ウィキペ..
from 冬の星空
2008年を振り返れば。
from funny 一時 serio..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧