よかった探し。


あたーらしーいーあさがきたー♪
by colortail
プロフィールを見る
画像一覧

旅する小説

その美容師さんと初めて会った時は、気きまずい感じだった。
30代半ば~後半くらいの男性なんだけど、黙々と切り始めて。
-------(沈 黙)-------
耐え切れなくなった私が、男性とも通ずる話題を考えてみた。
「インターネット」「携帯電話」
けれど、彼(以下Sさん・・・Stylistさんだから)は
「そうッスか。」「知らないッスね。」と気の無い返事。
-------(沈 黙)-------
意に介さない様子で切っていたSさんは、「ちょっと待って下さいね。」と
次に隣のお客さんの続きを始めた。
すると、小説の話で盛り上がっているではないか。フムフム。

戻ってきたSさんに
「小説、お好きなんですか?」
ここから滑らかに小説の話が始まり、彼のキャラが爆発したのだった。

彼の独特のテンポと、出来上がった髪型が気に入った私は、Sさんを担当さんとして
以後彼にお任せする事を決めた。



先日、カラーリングをしてもらおうとSさんの元へ。
私「最近、なんか(小説)読まれました?」
という、いつもの小説話をしていたら、
S「気に入ってる人がいてねー。それを読んでますよ。」
私「えー、誰ですか?(興味津々)」
S「名前は、ちょっとド忘れしましたね。」
あ、そうっすか・・・・。
そうしていると、
S「今日持ってるから、持ってきて貰いますよ。」(注 カラーリング真っ最中)
と、アシスタントさんに自分のバッグの中をごそごそしてもらい、わざわざ私の所まで持ってきてくれた。
おちゃめさんです。
S「これ、あげますよ。」と、
ぽんとくれた。
えーー、いいんですか!とビックリしていると、もう読んだから。と。
S「中古でごめんね。それにお客さんに貰ったものだし。」 え。
お客さんで、読んだ本をくれる人がいるらしくて。
という事で、私も読み終えたら誰かにあげることにします。(笑)
この本は、旅をします。

ところで、話には続きがあった。
S「この本の、次に出た本が面白いんだよねー。上・中・下の大作!感動!
ドラマにもなったしね。それを読んだら、この小説なんてたいした事ないよ。」

え。めっちゃ気になる・・・。
私「へぇ、なんてタイトルですか??」
S「名前は、ちょっとド忘れしましたね。」

そんなSさんが大好きです。
[PR]
by colortail | 2005-12-29 10:38 | happy

お知らせ♪








★2010年★
1 色んな知識を得たい
2 立ち振るまいを綺麗にしたい
3 沢山歩きたい
4 沢山読書したい
5 これと思ったら躊躇せずにやってみたい
6 携帯変えたい


++少数決ゲーム++
【勝者一覧】
1st  kozou_17様
2nd  lunaworks様
   mami-lune様
3rd  kozou_17様
   sabretoothjapan様
___________________
リターンズ
1st  sabretoothjapan様
   panchan1121様
2nd  panchan1121様

自己紹介

皆様からの
おすすめ本


カメラblog

チャット*info

チャット

rss/comments

トイカメラ。
POLGA SUN
demekin








Blues*y

フォロー中のブログ

最新のトラックバック

いべんとじょーほー。
from funny 一時 serio..
あるぱか
from 太美吉の楽書
小沢健二が13年ぶりとな..
from 世界が嫉妬する寺へ・・・
チェリー☆パイ ウィキペ..
from 冬の星空
2008年を振り返れば。
from funny 一時 serio..

検索

ファン

ブログジャンル

画像一覧